お知らせ

憲法違反の「戦争法」施行と地方自治体

渡辺治先生の講演会(一橋大学名誉教授)


日時 6月2日(木)18時開会
 
会場 川崎市総合自治会館
 
主催 日本共産党川崎市議会議員団
参加費 無料
4[3][2]

安倍政権が昨年9月に強行成立させた戦争法が、3月29日、施行されました。戦争法は戦争放棄、戦力不保持を定めた憲法9条を踏み破り、世界のどこでも米国が起こす戦争に日本が参戦するための違憲の法制です。戦争法の施行により「殺し殺される」現実の危険はいよいよ差し迫ったものになっています。
さらに安倍政権は参院選後に憲法改悪を狙っています。自民党改憲案では(1)9条2項を全面削除して「国防軍」を書き込み、海外での武力行使を際限なくやれるようにする、(2)緊急事態条項を創設して事実上の戒厳令に道を開く、など立憲主義を全面破壊する内容になっています。
戦争法の施行による国民・市民、地方自治体への影響、憲法改悪の危険な策動について、渡辺治一橋大学名誉教授にお話していただきます。

トピックス

2016年5月10日 [さいとうムービー]

2016年第1回川崎市議会での意見書...

2016年3月18日の川崎市議会で、斉藤隆司議員が行った意見書案第6号「企業・団体献金禁止法(仮称)の制定を求める...

2016年5月2日 [さいとうムービー]

2016年第1回川崎市議会での質問(...

2016年3月7日の川崎市議会でおこなった質問です。五反田川放水路計画について、商店街支援について、登戸土地区画...

2016年3月9日 [さいとうムービー]

2015年第5回市議会での意見書提案...

意見書案第20号(TPP交渉に関する意見書)について、2015年12月15日の川崎市議会でおこなった提案者を代表しての...