議会活動報告

多摩川サイクリングコースのルール作りと拡幅を

2014年4月11日

2014年第1回川崎市議会定例会(予算議会)の予算審査特別委員会で、斉藤隆司議員は多摩川サイクリングコースについて質問しました。

DSCF5711 多摩川サイクリングコースを、通勤・通学や、ウオーキング、ランニング、犬の散歩、河川敷グランドへのアクセスにと、たくさんの人が利用しています。事故などを発生させないためにも、「誰もが安全に利用できるようにわかりやすいルール作りを」と質問しました。

また川崎市のサイクリングコースの舗装部分は幅2・5mと狭く、府中市の3・5m、調布市や稲城市の3mと比べると余裕がないコース幅です。斉藤議員はこの幅を広げるよう求めました。

建設緑政局長は、拡幅について「国に働きかけていく」こと、河川敷トイレや施設などの案内サインなどを設置するように進めていくことを約束しました。