議会活動報告

患者の選択でなければ差額料ベット料は無し~9月議会の決算特別委員会分科会で質問

2014年11月7日

病院へ入院する際担当医師から「個室になります」と言われ、そのまま個室に入室し退院時に高い差額ベッド料を支払ったとの相談があり、今回の決算審査特別委員会分科会で斉藤議員が取り上げ、今年3月26日の厚労省通達に基づき病院局を質しました。

「実質的に患者の選択によらない場合」は差額ベッド料は求めてはならないことを確認し、厚労省通達の徹底を市立病院の医師・入院会計・現場職員におこなうよう強く求めました。