活動報告

念願の遊園駅自由通路が開通~街や商店街の発展につながる施設

2014年11月8日

IMG_423610月30日、小田急向ヶ丘遊園駅の南北をつなぐ地下自由通路が開通し、生田寄りの踏切が廃止されました。

いままでの踏切は、1時間で最大58分も遮断機が下がりなかなか踏切を渡れず、ベビーカーを引いている人や高齢者・障害者の方は、踏切の坂を上ると遮断機が下るのでまた下の待機場所まで戻ったり、踏切を渡りきる前に遮断機が下りてくるので「危険踏切」と呼ばれていました。多くの市民から利便性の改善、危険解消がもとめられていました。

斉藤議員は「繰り返し議会で取り上げてきました。駅周辺の利便性や、商店街の発展に繋がればと思います。高齢者や障がい者の期待に応えることができました」と語りました。この通路の区画整理事業区域内に自転車駐輪場も建設されます。

10月30日に開通式が行われ、斉藤議員は市民とともに渡り初めし喜びあいました。